トップ > こんなに楽しいタイの夜


タイってどんなとこ?



タイの性について

ゴーゴーバーってこんな感じです まさに風俗王国タイ。人民兵はカオサン通りという世界的に有名な安宿街に宿泊していた。近辺で滞在している日本人旅行者は長期 ・短期の滞在に拘わらず、殆どが風俗に通っているようだ。旅行予算は1000$でバンコクのナイトライフ予算がそれよりずっと多い豪の者もいる。

彼らの中では「今日は出勤しないんですか?珍しいですね」 というアイサツがかわされる程 夜の街巡りは日常化している。 場所、種類はイロイロあるが有名なのはパッポン通りにある ゴーゴーバーだろう。ゴーゴーバーというのは店の数箇所に ステージ(というより少し大きいお立ち台)があり水着(店やもりあがりによってはすっぽんぽん)のお姉ちゃん達がヒマそーに 踊っているのをながめながら飲む。気に入ったら連れ出して・・・ というものだ。料金は一流といわれるパッポンで連れ出し料が 店に400バーツ(約1300円)、値段は1500から2000B(5000円から6600円)くらい。 ほかの繁華街はもっと安いし、人気のない子は 更に下がる。 仲良くなってタダで・・・というのもよく聞く。そういや 日本の大阪、岸和田近くの篠田山の赤線地帯が¥6500(1998年当時)だから、1B(バーツ)≒3.3円 の今、バンコクとほぼ同じということになる。尤も日本のこちらは"15分"というわけわからん時間なので問題外だが。

チャイナタウンにある日本でいう置屋に「お化けがでた」というので見にいくと、昼間なのに何やら怪しいネオンがひかり、 通された二階の汚ない部屋には、幾人かの若い娘に混じって 間もなく還暦を迎えるであろう「お化け」 が座っていた。

何かを諦めきったようなお化けの表情を直視できず、そこを飛び出した。 制限時間があるかどうか知らないが 値段はお化けが150B(約500円)、娘が300B(約1000円)だそうだ。

こんな感じで並んでます (*右の写真 タイのマッサージパーラー ・・・こんなん載せてええんかいな???)

ある日のこと、宿の前にたむろしている日本人達がやけに盛り上がっていたので理由をきいた。「イガラシさんが男と やっちゃったらしいんですよ、それで今落ちこんで部屋に帰っちゃって。」 きくところによれば、ゴーゴーバーで仲良くなったタイ人の女の子2人に誘われて彼女達の家でタダで3Pを したらしい。「メチャメチャ可愛かった」というその子達の自慢を タイ人にすると

「あぁ、あれ男だよ」

しかし・・・・ 待てーい、気になる、その話によると最後にいくまで、 いや、終わってからも気付かなかったということになる。これは 尋ねてみなければ。少し元気のないイガラシ氏にイロイロきいた。 以下、何かの参考にして下さい。(何のや?)



イガラシさん(仮名)のナイスな夜

「全然気付かなかったんですか?」

「全然。だって声だって女だしさ(声帯の手術をうける)、ちゃんと濡れるし、いらないもんないし・・・ でも今考えるとさ、あのおっぱいはないよね、若いからハリがあるのかなと最初思ってたけど メチャメチャ型くずれしないんだもん。それに美人すぎるよ、だって町歩いててさ、あんな色白くて美人なタイ人いないもん。他の 店行くとさ、本当の女の子いるだろ、みんなブスに見えるもん

「失礼ですが、その方々はどういう反応されたんですか?」

「いや、女そのまま、ハアハアいってさ、実際に気持ち いいみたいですよ・・・・・ etc」

恐るべし 神秘の国 タイランド!!

これはこの目で確かめるべし・・・と第二のパッポンと呼ばれ、最近「アツイ!!」と評判のLONG GUN という店に行くことにした。メンツは私を含めて初心者5人、

「20$しか今持ってないのに行くなよ」(ラオスで盗難にあった私は 所持金が底をついていた)という罵声を浴びながら 強行参加、

「ビール 80B(約250円)だけ飲んでショーだけ 見て帰ろう。」そう心に決めて深夜11時からのショーを見せていただいた。噂に違はぬ素晴らしさ、細部までの描写は とても出来ないが演目はざっと次のとおりである。

・水着踊り→スッポンポン ・ハッピバースデーの音にあわせてB.D.ケーキの ローソクを吹き消す ・タバコを吸う ・次々にリボンが 出てくる ・炭酸水の栓を抜く(これは中に栓抜きを かくしている) ・バナナを 1,2,3 で 30cmほど吹き出す ・ブラックライトの下でボディ・ペインティングショー、etc.

日本で幻といわれた技の数々をこんなところでたった二百五十円でおがめるとは・・・ 恐るべし 神秘の国タイランド!! 更にショーを見ながら女の子が席についてくれたり、抱きついて くれたりする。キスしてもおっぱいを触っても、彼女らにおごらない限りタダだ。

タイのお寺はピカピカです (*右の写真は本文と関係ありません)

メチャメチャ可愛い子が二人いた。ほぼ100%二人とも ニューハーフだと思う。ただ、私のニューハーフのイメージは崩れた。美人なだけでなく本当に可愛い。身長は150〜160cm で手足も細いし、スタイルはいい、体重は40kg台だろう、 ウェストも見た限り56cmくらいではないか?顔も凄く 小さい。骨までけずってかなり整形するらしいが、どこを見ても アザ一つない。表情もとても豊かで笑顔もびっくりする程可愛い。
日本メン食い党党首を兼任する人民兵からしても、まず滅多にお目にかかれないほどの美人である。女性ホルモン 注射のせいか多少体も丸味をおびてるし、唯一気になるのは整いすぎた(きれいすぎる)胸と指、掌の厚さくらいだろうか。

帰り、夜道を歩きながら初心者5人は完全に 参っていた。「あれだったら何の問題もないっすね」 「うん、ないない」誰ともなく口にした言葉に五人がうなづいた。 男とわかっていても金を出して買ってしまい、それでもなお 後悔しない、タイのニューハーフはここまできている。

恐るべし、神秘の国 タイランド!!(注、この日我々は ショーを見て帰ってきただけ)

私が一番美人だと思った子は、とても明るかった。彼等(まさに彼)には売春婦がもつ暗さは全くなかった。昔男であったこと を除けば完璧に近いかもしれない。そらそうだろう。彼達は、 男が好きだから、女として男を愛したくてそうなったわけだから、暗さはない。彼らとは「遊ぶ」 よりむしろちゃんとつき合うほうがいいかもしれない、ふとそこまで考えさせる彼達が恐くなる。でも彼達はきっと本当に好きな男を愛せるんじゃないかという気がする。

女性にとって一番大事なのは自分自身だから(反論うけつけません) 「心から好きだった」筈の人をいとも簡単に切りつけて くる。

「それは違う」

と思われるかもしれないが敢えて断言すれば 女は絶対に男性を愛さない。彼女達が本当に愛するのはきっと我が子だけなんだと思う。 故に、男にとって永遠の恋人は母親なんじゃないだろうか。



で、ここで人民兵がいいたいのは

この話にオチはないのんかい!!





注) 2002年現在、人民兵は彼等がほんとにオトコだったかどうか自信がありません。 なぜなら、テレビや雑誌で特集されるバンコクのニューハーフの映像と比べて、 私が合ってきた人たちはあまりにも違っているからです。 少なくともマスコミで見る限り、タイのニューハーフは「綺麗だけど何か変」だったり、「可愛いけどゴツい」様な 感じだったりするわけです。 私が会ったのは、単に可愛くて美しいだけの小柄な「女性」たちでした。 彼女等は、美容整形を繰り返しただけの本当の女性だったのかな? とも思います。









Copyright (C) 2001-2003 人民兵
Any Questions: webmaster@jinminhei.com
初版:2001年11月31日、