[HOME]    [説明]
 
No. Pass


人民兵の人民兵による人民兵のための日記
オチもないですが日記帳です。レスも出来ます。(*^_^*)
日記を書いた日にはアイコンが表示されます。
アイコンをクリックすればその週or月の日記が表示されます。
 
      1 2 3
4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14
15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
 


2017年02月の日記です




▼2017年 2月25日 (土)   -- No.[3]

Sex Slave is now ILLEGAL だ
勉強
昔は合法だった売春は今はイリーガルだというお話。

それでも、過去のことを法律ができる前に遡って罰することはできない。


”法の不遡及”と言うらしいです。勉強になりますな。

こちら法の不遡及
■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2017年 2月14日 (火)   -- No.[2]

頻尿になって初めてわかる健康のありがたさ
パピコ
ここ2ヶ月で妙にトイレが近くなった。

自分で(まさかそんな)と思いたいのだが、今までの人生でお酒を飲みすぎた以外の理由で夜中に起き出して小便に行くなんてことは一度もなかった。

それがここ一ヶ月ほどはほぼ毎日、寝る前にしっかりと出しておいたはずなのに、朝方4時頃になると我慢できなくなってもぞもぞ起き出して雪隠に行くことが続いていた。

歳のせいだと言われればそうかもしれないが、うちの母親や年上の知人達がそんなにトイレに行っていた記憶がない。昔のボロアパートなんて、4畳半とか6畳間が10個くらいで、トイレは3つとかだったから、

中年がみんな私みたいになっていたら大変なことになっていたはずだ。

もしかしたら江戸時代に花粉症がなかったのと同じく、頻尿も現代病の一つなのかもしれない、、、



先週、日本から酒井さん(仮名)という友人がロサンゼルスに遊びに来た。

人民兵より3つ年上の彼を週末の二日を使って色んなところに案内したのだが、

コーヒーショップ、レストラン、観光名所、バー、とにかく一つ一つ確実に小便をしていかないと、
車の中で2時間は保たない。(すいません、どこかトイレに寄ってもらえませんか)と申し訳なさそうに聞いてくる。

人民兵は基本的に人の痛みが分からない人間なので、昔なら
(生きるために小便しているのか、小便するために生きているのか分からんようになりましたね)
と笑い飛ばしたところだが、

ちょうど思い当たる節があるので、気の毒で仕方ない。

それでウェブで色々調べたら、Prostateの機能が低下しているのではないか、
それにはノコギリヤシ(Saw Palmette)がいいよと書いてあったので、早速購入。

1日2カプセル飲むと、初日からはっきりとした効果があった。
二日目の昨日などは、寝る前に麦茶を飲んでそのままベッドに入ったのだが、朝まで何も問題なかった。

これは効くな、、、、しかも540カプセル入りで18ドル、9ヶ月分というやすさ。
一月200円

今までありとあらゆるサプリメントを試したが、はっきりと効果を体感できたのはほとんどなかった。

頻尿で悩んでいる人を20人に1人と見積もればかなりのマーケットになる。

(頻尿110番)とかいうNGOみたいなのを作って、朝鮮人参やらフコイダンやら高〜いサプリに混ぜて服用させたら、かなりの利益をあげるというビジネスモデルができそうやな、、、、

と思った次第。
■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2017年 2月11日 (土)   -- No.[4]

久しぶりに北朝鮮ニュースダ
パピコ
国家関係が悪くなると普通の国は
『入国を禁じる』のだが
共和国は『出国を禁じる』んだなぁ

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は7日、自国内のマレーシア国民の出国を一時禁じると発表した。

朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省はこの日、北朝鮮のマレーシア大使館に出国禁止について通知した。出国禁止の期間は「マレーシアで起きた事件」が公正に解決され、マレーシアにいる北朝鮮外交官や住民の安全が完全に確保できるまでとした。

こちら

あの太平洋戦争の時ですら、アメリカ政府は日本人(日系人含む)に国に戻るよう奨励し、多くの日本人が海を渡って祖国に戻ったという記録があるのに。

(ちなみにアメリカに残った人はその後、フランクリン・ルーズベルトの大統領令9066により1942年2月から強制収容所に入れられることになります)

なんだかんだで歴史は繰り返しますなぁ
■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2017年 2月 3日 (金)   -- No.[1]

カラオケボックスとヨガ道場は似とるな〜〜というお話
パピコ
年末にある日本人のおばさんが主催するパーティーに呼ばれた。
ピアノを専攻する大学生の娘さん(彼女側の連れ子)がいるので、年齢は50歳くらいか。
再婚した白人の旦那はハリウッドで活躍するCGデザイナーでかなりの稼ぎがあるらしく、彼が買った大きな家にたくさんの犬と一緒に暮らしている。彼女も時々仕事をしているらしいが、絵に描いたような悠々自適の生活。

趣味はヨガや体を鍛えることで、最近は高級ジムでパーソナルトレーナーについてもらっているらしい。

パーソナルトレーナーは顔で決めました。百ドル以上も払うんだから、トキメク人がいいに決まってるでしょ)


旦那に伝えているのかは知らないが、まあそれを聞いて
(哀れよのう・・・)と思ったが、なんのことはない、人民兵も同じ穴のムジナだ。

先週、”先生が若くて美人”というだけの理由で近場のヨガクラス体験に顔を出した

あまり期待せずに行ったのだが、一時間半の間、呼吸を整え全身をストレッチしたので、自分の体について色々と気づく部分があってなかなか充実していた。

で、その後先生にお礼のメールを送ると、さすがに美人だけのことはある。

言葉の端々に(次のクラスに来たときは○○しましょう、そのお話、次のクラスの時にぜひきかせてください、これからが楽しみですね)と、次があること前提で話をしてくる。

自分に自信がないとこういう話の持っていきかたはできない。やはり美人は得だ。

ただ、私としては、ヨガクラスというのは、週に一回来て体調を整えたりストレッチをする場所ではなく、
自分の体の不調や、固くなっている部分を発見したり、毎日のストレッチで柔らかくしておいて
(先生、見て見て、僕こんなに柔らかくなったよ!)と褒めてもらうための発表の場なのだ。

だから、ただ漠然と毎週通うのはしたくない。一回一回きっちりと参加し、”気づき”があるか、美人がベタベタと体を触って褒めてくれない限り、長く続けたいとは思わない。

そういえば昔、みんなで来週カラオケに行こうという話になった時、女の子が(じゃあ来週カラオケ行くから、その前にカラオケ行って練習しようか)とコソコソ話しているのを聞いて驚いたことがあった。

今わかる。

彼女達にとって、みんなで行くカラオケは(発表の場)であり、他の人の歌を聞いて学ぶ(気づきの場)だったのだと。

カラオケボックスとヨガ道場は似とるな〜〜というお話
■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    





mocchinotesp Ver0.723 Tacky'sRoom